草刈り作業を上手に使い分けして、業者に依頼してみよう

簡単じゃなかった草刈り作業のトラブル

草刈りはケガだけでなく様々な危険が伴います。作業をすると、どのような危険があるのか、確認してみましょう。

草刈り作業の落とし穴

蜂に蚊に…害虫天国
草刈り作業は害虫にも注意が必要です。害虫の中には、ハチなど刺された場合、最悪死に至る事もあります。また、蚊は感染症を引き起こす事もあるので注意が必要です。草刈りを行なう際、このような害虫の知識がないと被害を受けるケースもあるので、甘く見てはいけません。
考えているよりも重労働
普段から体力作りをしていない方の場合、草刈りは思っているよりも重労働です。作業自体は、さほど難しくないのですが、同じ姿勢で長時間作業をすると、身体にとっては大きな負担になります。軽い筋肉痛で済めば良いのですが、悪い姿勢で作業を行なうと慢性の腰痛になることもあり、実は危険な重労働なのです。また、炎天下での作業は熱中症になるリスクもあるので、注意が必要です。

スポット的にプロに草刈りを依頼

草刈り作業は、自分で出来る場所と、プロにお願いをする場所をしっかり把握し、上手に使い分けることで、費用を抑えて依頼することが可能です。

うまく使い分けて草刈り作業

平たんな場所は自分で草刈り
平たんな場所であれば、比較的安全に自分で草刈り作業が行なえます。自分で草刈りを行なう場合、費用は掛からないですし、都合が良い日時に作業することが可能です。それほど広くない場所の草刈りだと、自分でやった方が良いケースもあります。また、効率をよくする為に、草刈機を購入する場合は、業者に頼んだ時と比較してどちらが良いか、検討してみるのもよいでしょう。
斜面や広い場所はプロに頼む
斜面や広い場所の草刈りを行なうのなら、費用はかかりますが、プロに任せる事をオススメします。プロである業者に依頼すれば、自分がケガをする心配がなくなるので安全ですし、作業者が機械を使って草刈りを行なうので短時間で綺麗に仕上がります。また、作業後の雑草も持ち帰って処分してくれるので、手間がかかりません。
TOPボタン